お問い合わせバナー

オウム病

オウム病は病原体の Chlamydia psittaciという細菌に感染している鳥の乾燥した分泌物・排泄物などを吸いこむことにより、人間に感染することがあります。

ドバトの半分以上がウィルスを持っているとも言われ、フンや呼気沫に含まれるウィルスが鳥との接触による感染の可能性があります。

オウム病の症状は一般的に約10日間ほどの潜伏期間があり、インフルエンザのような症状から発熱、咳、頭痛、全身倦怠感、食欲不振、筋肉痛、関節痛などがみられます。重症になると全身症状を伴う異型肺炎肝臓、脾臓や心臓が炎症を起こすこともあります。

ハトなどの鳥の糞便は空中を漂うため、素手で糞に触れてはいけませんし、ハトが集まるような場所は注意が必要です。

登録サイト数

現在、65件の鳩対策業者様が登録されています。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録

このサイトを購読する