お問い合わせバナー

巣作りされない工夫を

ハトに巣作りをされないためには、早い段階で手を打つ事、初期段階で対応する事が重要です。

ハトが最初に停まる手摺りの上は、ベランダの安全を確認する最初の停止箇所となるので、ここで停まらせないことです。

手軽な対処法としては、テグス、ワイヤー類でベランダの手すりなどに物理的にハトがとまれないないようにすることです。

もう少し専門的な方法としては、専門の「防鳥ワイヤー」の設置や「忌避剤」の塗布と言った方法もあります。

ハトとはいえ、飼育されている鳥ではない以上野鳥ですので、むやみに捕獲すれば鳥獣保護法に抵触してしまうため、巣立ちまでは原則的に手出しできなくなります。
だからこそ巣作りされる以前の対策が肝心です。

ハトが家のベランダに来ているようだと感じたら、ベランダに出て、音を立てる、夜であればライトを当ててビックリさせるなど、できるだけ追い払うように行動することが重要です。

登録サイト数

現在、65件の鳩対策業者様が登録されています。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録

このサイトを購読する